和 -NAGOMI-

アクセスカウンタ

zoom RSS 本を読んだ。『三鬼 三島屋変調百物語四之続 / 宮部みゆき』

<<   作成日時 : 2017/08/09 05:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

予約が多かった本だったので、私も予約してみたのですが、実はこの本、シリーズもの、しかも四冊目だったんですね。

内容は以下の通り。

待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
鬼は人から真実を引き出す。人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。

江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん"のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの客の身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……

第一話 迷いの旅籠
第二話 食客ひだる神
第三話 三鬼
第四話 おくらさま


いきなりシリーズの4作目から読んでわかるかな?と思ったのですが、大丈夫でした。
もちろん、1作目から読んだ方がもっと、人間関係が分かるのでしょうが。

本当に一編一編が良質で、どの話も甲乙つけ難いほどよかったです。
風景描写から、心理描写まできめ細かくて、自然に風景や登場人物の様子が目に浮かぶのは素晴らしかったです。
最近読んだ本では一番面白かったかなぁ。

時代設定もいいですよね。江戸時代。
人情があって、妖怪も人間も一緒に暮らしているような感じ。
粋でおおらかでいいですよね。


宮部みゆきといえば、「杉村三郎」シリーズのファンでしたが、「三島屋変調百物語」シリーズのファンにもなりました。
ホント、ずっと読み続けていきたいです。
今後も楽しみです。






三鬼 三島屋変調百物語四之続
日本経済新聞出版社
宮部 みゆき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三鬼 三島屋変調百物語四之続 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりですね。
お盆前ですが、いかがお過ごしですか?

杉村三郎シリーズは知ってましたが、三島屋変調百物語は知りませんでした。ミステリファン失格ですかね?

最初から借りて読んでみます。紹介ありがとうございました。またよろしくお願いします。
北海道は遠く・・・
2017/08/09 20:57
北海道は遠く…さん、こんにちは!
今年、初めて梅干しをつけてみたのですが、梅雨明けから天気が悪く、3日連続で干すことが出来ずにいます。すごくヤキモキします。

三島屋変調百物語面白いです。1冊目を読んでいますが、止まりません。
nagomi
2017/08/10 09:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
本を読んだ。『三鬼 三島屋変調百物語四之続 / 宮部みゆき』 和 -NAGOMI-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる