和 -NAGOMI-

アクセスカウンタ

zoom RSS 本を読んだ。『M1 / 池井戸 潤』

<<   作成日時 : 2016/10/20 11:18   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

またまた池井戸潤さんの作品を読みました。
『M1』は文庫版で『架空通貨』に改題されたようで、現在では、『架空通貨』といった方がいいのかもしれません。

内容は以下の通り。

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した―。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、二人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。

池井戸潤さんの作品だけに面白いです。
ただ…勧善懲悪、読後爽快かというと、この作品は違います。

主人公の洞察力と、情報収集力は素晴らしく、陰謀を次々と読み解いてゆくのですが、それを止める手立てが何一つ成功しません。
現実的と言えば現実的ではあるのですが、結局何にもできなかった主人公。という結果だけが残ってしまって、なんだかむなしいです。むなしさを感じてもらいたい作品なのかもしれませんが…。
設定も現実離れしていて、ちょっと苦しかったような気がします。
読後がモヤモヤする作品でした



M1(エム・ワン)
講談社
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by M1(エム・ワン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本を読んだ。『M1 / 池井戸 潤』 和 -NAGOMI-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる